フリーランス技術者の転職前の開発予習

ソフトウェア開発の需要は、時代と共に変化している。フリーで活動しているソフトウェア開発のエンジニアも、時代の変化に追随していく必要がある。これから大きな発展が見込めるソフトウェア開発の分野として、アプリ開発がある。スマートフォン向けのソフトウェアであるアプリは、スマートフォンの普及と共に需要が急拡大している。そのため、アプリの開発を担えるエンジニアにチャンスがある。パソコンや業務システムのソフトウェア開発に携わってきたフリーランスエンジニアも、アプリの開発分野に注目できる。

ただし転職を前にして、アプリ開発の基本的なノウハウは押えておきたい。アプリは、スマートフォン上での動作が基本となっている。そのため、スマートフォン特有のインターフェースを理解していなければならない。スマートフォンは、画面へのタッチでの入力が多い。またマイクやカメラなど、多様な入力装置を持っている。アプリの開発では、多様な入力インターフェースに対応できるかどうかが重要となる。

これまでスマートフォンとは違った開発分野に身を置いていたフリーランスエンジニアとしては、未知の部分も大きい。それだけに、転職前にアプリ開発の基本的なノウハウを予習しておくのは重要である。また自前でいくつかのアプリを開発しておくと、転職後の仕事の案件獲得のためのアピールに使える。実際に作ったアプリを使って積極的にアピールすれば、開発の実力を認めてもらいやすく、高収入を狙えるフリーランスとして活躍できる道が開けるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.